メニュー

舌下免疫療法を検討されている方へ

ありがたいことに当院で舌下免疫療法を行いたいという方が増えてきており、わかりやすいように当院で行う舌下免疫療法の手順について具体的にご説明します。

初めて内服する日は時間がかかります。

事前の相談と検査

①舌下免疫療法のあらましについてのご説明、症状や現在使っている薬の確認、血液検査を行います。以前に他の医療機関で血液検査をしたことがあり、ダニまたはスギの数値が上がっていた場合はその結果を持参していただければ当院で血液検査をやり直す必要はありません。久しぶりに血液検査をしたいというご希望があれば血液検査を行うこともできます。

舌下免疫療法を開始する当日

②血液検査をした1週間以後に結果説明を行います。

③ダニまたはスギの数値が上がっていることを確認の後に舌下免疫療法を開始します。

④舌下免疫療法を開始する前に舌下免疫療法についての約10分間のDVDをクリニック内で観ていただきます。

⑤医師が補足の説明を行った後に診察室で初回の内服を行います(初回内服は医療機関で行うという全国共通の決まりがあります)

⑥初回の内服後に30分間クリニック内で待機していただき(これも全国共通の決まりです)、時間になったら医師と症状の確認をし、1か月分の薬の処方箋をお渡ししてその日は終了です。

約1か月後

⑦約1か月に1回の定期的な通院が必要です。舌下免疫療法は最低3年、できれば4年の治療をお勧めしています。

その他

※他院で血液検査をしたことがある方は③からです。

※他院で舌下免疫療法をやっていて、転居などのため当院で引き続き治療を行う場合は、DVD鑑賞やクリニックでの初回内服の必要はありません。

※当初は、医師からの説明後に処方箋を発行し薬局で舌下免疫療法の薬をもらってきてまたクリニックに戻ってくる、という手順にしていましたが、利便性向上のためクリニック内に初回内服分の薬を置いておくことにしました。

※ダニとスギの両方の舌下免疫療法をやりたい場合、どちらから始めてもいいですが当院では(スギを開始できる時期であれば)スギからの開始をお勧めしています。片方を始め、1-2か月して慣れてきたらもう片方を始めます。

※当院で舌下免疫療法を行っているお子様のご家族であれば大人も舌下免疫療法を行っています。舌下免疫療法のためのアレルギー検査に限っては大人の方も当院で検査しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME